「次世代資産としての不動産」の考え方 ー第1回 はじめに

【連載】「次世代資産としての不動産」の考え方

第1回 はじめに

ここでは、6回にわたって、これからの地元の地主さんやアパマン・テナントのオーナーさま向けに、

これからの賃貸経営では「何が変わり、何が必要となっていくのか」をテーマに、

わかりやすく、学び、シェアするための機会となることをめざして、連載していきます。

 

次回は「第2回 賃貸経営とは?」についてお話しします。

 

【連載】「次世代資産としての不動産」の考え方

投稿者プロフィール

菅野 武
菅野 武一級建築士
栃木県を起点に、北関東から福島県まで、建物調査診断や各種施設の法令点検・維持管理を通じて、既存建物の活用や保守・運用の提案と管理業務を行っています。業務でのご相談もお気軽にどうぞ。

一級建築士・既存住宅状況調査技術者・JSHI公認ホームインスペクター・建築物石綿含有建材調査者・古民家鑑定士・雨漏り診断士・建築物環境衛生管理技術者・耐震診断技術者・FLAT35適合証明技術者・日本不動産仲裁機構ADRセンター調停人

とちぎ住宅診断サービス/有限会社レーベンデザイン代表
Pocket