栃木県住宅診断・建物調査診断|ホームインスペクション|栃木県・群馬県・茨城県・福島県・埼玉県対応|レーベンデザイン

ホームインスペクション(住宅診断)とは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)や建築士が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務。

 

「もしかして欠陥住宅かも?」

「いつごろ、どこに、いくらくらいの費用がかかるのか?」

「あと何年くらいこの建物はもつのか?」

 

例えていうならホームインスペクターは

住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前に住宅診断を行い、建物のコンディションを把握することで、安心して取引を行うことができます。最近は、自宅の定期点検としての利用や不動産仲介会社が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

診断の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本。必要に応じてファイバースコープやサーモグラフィーなどの検査機材を使用する詳細診断もあります。米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっており、日本でも近年、急速に普及しはじめています。

とちぎ住宅診断サービスは、“客観性”“第三者”を重視

住宅診断士(ホームインスペクター)が最も気をつけることは事実だけを告げること。

住宅診断士は、住宅のコンディションを診断し、補修やメンテナンスについてアドバイスをし、不動産取引における判断材料を提供しているわけで、購入の可否について判断をするわけではありません

また、診断を依頼する際に大切なポイントは「取引に利害関係のない住宅診断士(ホームインスペクター)を、自分で選ぶこと」です。

アメリカはかつて、住宅診断士と不動産会社との癒着が問題となり、州によっては“不動産会社による住宅診断士を紹介禁止”としています。また住宅診断がリフォームや耐震工事を請負うための“お手盛り”とならないようにしたいものです。

国土交通省[既存住宅インスペクション・ガイドライン]

とちぎ住宅診断サービスでは、お客さまの損害を補償するために、インスペクション中に、インスペクターが原因により発生した損害を賠償する保険に加入しています。賠償責任保険について

最近の投稿

建物に関する瑕疵の種類、それぞれ起こったときの対処法は?

そもそも、瑕疵の意味とは? 皆さんは、瑕疵という言葉をご存じでしょうか? 瑕疵とは、何らかのきず・欠点あるいは必要なものが欠けている状態のことを指し、法律用語としても使われています。特に建築・不動産用語としては、建物に関 …

建物のひび割れや傾き、経年変化を確認するべき場所は

中古住宅購入の際にも確認するべきポイント 中古住宅をご購入されるお客様から、建物のひび割れや傾きについて、その原因とそれに係る修繕の必要性に関するご質問がありました。中古住宅は新築とは異なり、建物の経年変化した部分を確認 …

建物状況調査以外にもある、住宅の調査の種類と名称や違い 【中古住宅の場合】

建物状況調査のほかにも。中古住宅の調査の種類・名称・違い 中古住宅の場合、調査には大まかに以下の種類があります。 「住宅診断」 「建物状況調査」(国交省の正式名称は、既存住宅状況調査)※インスペクション(注1)と呼ぶ人も …

倉庫として使用する場合 耐荷重は問題ない?(図面がない場合)

図面が無くても、倉庫の床の耐荷重を調べることはできますか? 倉庫として使用する場合の床の耐荷重について、お問合せがありました。 建物の詳細や概要が不明なので、あくまでも一般的な範囲になりますが、次のようにご返信しました。 …

基礎工事の不具合 アンカーボルトの錆び

基礎コンクリートに埋め込んだアンカーボルトの錆びが心配 以前ご相談のあったお客さまから、別の件でご質問をもらいました。   「基礎工事終了後、事情により長期間雨晒しになったアンカーボルトとコンクリートの境界部分 …

建物の衛生とコロナ問題 特設ページ

住宅診断関連サイト

最近の投稿

PAGETOP