2階に重いものを置きたいけど、大丈夫?

2階に重量物を設置したいと考えているお客さまからお問合せをもらいました。

設置するものの種類や、建物本体の具体的な内容が不明なので、ごく一般的な回答になってしまいます、とお断りして次のようにお伝えしました。

 

事前に、荷重を想定しているか

建物の2階以上の床に重量物を設置するときは、あらかじめその重量を見込んだ上で、荷重に耐えられるだけの構造(柱・梁・床版など)となるよう設計します。

その荷重に耐えられるかは、主に構造部材の材料・寸法・造り方によりますが、基本的な考え方は木造・鉄骨造・コンクリート造でも変わりません。

(重さや外力に耐える能力を専門的には「耐力」といいます)

どのような構造や種類の建物でも、その重さを事前に想定して設計・施工されていれば、特殊な重量物を設置しても問題はありません。

 

建物ごとに、目安の荷重が定められている

ただし、通常の建物では、前もって指定がなければ特に重量物を見込んだ設計をしないので、目安として、建築基準法ではその建物の用途ごとに基準となる荷重を定めています。

(あらかじめ過剰に耐力を高めて設計すると、当然に工事費も増加し、不経済となります)

 

荷重数値の具体例

この場合の荷重は、建物の用途によって異なりますが、一般的に床を設計する場合、住宅など:180kg/㎡、事務所・店舗など:290kg/㎡、自動車車庫・通路など:540kg/㎡、倉庫などはその保管するものの重量に合わせて設定します。

(実際の数値は国際単位のSI単位系となり、kg/㎡ではなくN/㎡表記となっています)

荷重は構造の種類とは直接関係ないので、仮に、木造でも事務所・店舗であれば290kg/㎡以上、鉄骨造でも住宅であれば180kg/㎡以上で設計するのが一般的です。

 

水槽とグランドピアノでは、荷重が全く違う

また荷重は「1平方メートル当たり」の数値となるため、水槽や本棚のような「面」で置くものと、グランドピアノの脚のように「点」で置くものでは、1平方メートル当たりの荷重が全く異なります

(ちなみに90×45cm程度の熱帯魚用水槽は一式で約200~250kg、1㎡当たりでは450~550kg程度といわれており、住宅の設計荷重を大幅にオーバーしてしまいます。)

 

全体の重量と設置面の面積はどうか

一般的な畳であれば1帖が約1.6㎡、半畳が約0.8㎡、6帖間全体で約10㎡となります。建物が住宅なのか、事務所・店舗なのか、または、例えば500kgの重量物を置く場合、床と接する面積は、畳1帖分なのか、6帖間全体に置かれるのか、によっても荷重や設置可能かどうかが変わってきます。

 

床の補強、構造補強についてご相談ください

建物本体や、設置予定の重量物の詳細が不明なので正確な回答ができませんが、耐荷重を超えたものを設置した場合、床や建物全体の沈下・傾斜や、最悪の場合は床が崩壊や落下する可能性もありますのでご注意ください。

またどうしても設置が必須である、または建物の構造補強などをご希望される場合は、ご相談に対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿者プロフィール

菅野 武
菅野 武一級建築士
栃木県を起点に、北関東から福島県まで、建物調査診断や各種施設の法令点検・維持管理を通じて、既存建物の活用や保守・運用の提案と管理業務を行っています。業務でのご相談もお気軽にどうぞ。

一級建築士・既存住宅状況調査技術者・JSHI公認ホームインスペクター・建築物石綿含有建材調査者・古民家鑑定士・雨漏り診断士・建築物環境衛生管理技術者・耐震診断技術者・FLAT35適合証明技術者・日本不動産仲裁機構ADRセンター調停人

とちぎ住宅診断サービス/有限会社レーベンデザイン代表
Pocket