H28年度第2次補正予算が10/11に可決され、中古住宅購入や省エネリフォームの支援制度の実施が決定。
中古住宅の流通活性化も視野に入れ、若者などが質の良い中古住宅を確保しやすくなる。
支援制度のイチオシと思われる点はインスペクションに5万円の補助金が出る点。

この補助金を受ける条件は3つ
①40歳未満の方が既存住宅(中古住宅)を自己居住用として購入
②インスペクション(住宅診断)の実施
③既存住宅売買瑕疵保険の付保

国土交通省 住宅ストック循環支援事業