栃木県住宅診断・建物調査診断|ホームインスペクション|栃木県・群馬県・茨城県・福島県・埼玉県対応|レーベンデザイン

ホームインスペクション(住宅診断)とは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)や建築士が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務。

 

「もしかして欠陥住宅かも?」

「いつごろ、どこに、いくらくらいの費用がかかるのか?」

「あと何年くらいこの建物はもつのか?」

 

例えていうならホームインスペクターは

住宅の「かかりつけのお医者さん」です。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前に住宅診断を行い、建物のコンディションを把握することで、安心して取引を行うことができます。最近は、自宅の定期点検としての利用や不動産仲介会社が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

診断の方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本。必要に応じてファイバースコープやサーモグラフィーなどの検査機材を使用する詳細診断もあります。米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっており、日本でも近年、急速に普及しはじめています。

とちぎ住宅診断サービスは、“客観性”“第三者”を重視

住宅診断士(ホームインスペクター)が最も気をつけることは事実だけを告げること。

住宅診断士は、住宅のコンディションを診断し、補修やメンテナンスについてアドバイスをし、不動産取引における判断材料を提供しているわけで、購入の可否について判断をするわけではありません

また、診断を依頼する際に大切なポイントは「取引に利害関係のない住宅診断士(ホームインスペクター)を、自分で選ぶこと」です。

アメリカはかつて、住宅診断士と不動産会社との癒着が問題となり、州によっては“不動産会社による住宅診断士を紹介禁止”としています。また住宅診断がリフォームや耐震工事を請負うための“お手盛り”とならないようにしたいものです。

国土交通省[既存住宅インスペクション・ガイドライン]

最近の投稿

夏季休暇のおしらせ

誠に勝手ながら、下記期間中のメール及びFAXなどでのお問合せ、各種サービスは休業とさせて頂きます。 期間:2017年8月11日(金)~8月16日(水) まで 上記期間中にお受けする、メール及びFAXでのお問合せのご返答は …

たった4つをチェックするだけで耐震性がわかる方法

                            新耐震基準で建てられたの …

不動産業者様向け インスペクションセミナー 講師を務めます

栃木宅建協会様主催 不動産業者様向けに開催される「29年度業務研修会」に、 弊社代表取締役 菅野が講師を務める事となりました。 2部構成の1部、インスペクション(既存住宅現況調査)についてお話しする予定です。 開催 日時 …

ゴールデンウィーク休暇のおしらせ

誠に勝手ながら、下記期間中のメール及びFAXなどでのお問合せ、各種サービスは休業とさせて頂きます。                 上記期間 …

クレジット決済がご利用可能になりました!

4月よりクレジットカード決済がご利用可能となりました。 (VISA、MasterCard、AmericanExpress) 銀行振り込み同様、報告書送付後のお支払いとなります。   クレジット決済をご希望のお客 …

住宅診断関連サイト




最近の投稿

PAGETOP